現代は多くの人が歯並びについて関心を抱くようになっています。

かつては日本人は歯並びについて非常に無頓着な民族でした。



しかし欧米諸国の文化の流入に伴い、人の第一印象や魅力について多くの人が関心を持つようになり、歯並びが良いほうが印象が良く社会生活が円滑にいくことに気づき始めました。
歯並びが綺麗に整った人の笑顔は品があり知的な印象で、非常に魅力的に感じビジネスや社交において有効に働きます。そのため数十年前よりも矯正歯科クリニックで治療を行う人が増えています。


子供だけでなく大人になってから治療を始める人も珍しくありません。



しかし日本では矯正治療は健康保険適応外の自費治療になるために高額な医療費になってしまいます。しかし最近では歯の表面にワイヤーやブラケットをつける治療法にとどまらず、透明のマウスピースを用いる治療法も開発され、それとともに治療費も安くなりつつあります。

従来の矯正治療は100万円前後が相場であるといわれていました。

しかし透明のマウスピースを用いるインビザライン矯正であると、歯にワイヤーやブラケットを装着する手間暇が割愛されるので、その治療費は二割ほど安くなります。
また最近では歯並びの問題について上顎前突症などの診断書がつく場合があります。
出っ歯であることで発音に問題が見られたり、咀嚼に問題が見られる場合は医師が診断書を作成してくれます。

この診断書があれば医療費控除を受けることができ、矯正治療の費用をより安く抑えることができます。