審美歯科は、普通の歯医者に比べるとあまり多く見ることがありません。


両者には何か違いがあるのでしょうか。

普通の歯医者は健康保険を利用し、虫歯になったり歯が欠けてしまったり、歯周病など、人間に必要不可欠な食べることに対して何らかの支障が出ているものを治療するもので、歯の本来の機能をただすことが目的です。


国民全員が健康的な生活を送ることを目的に作られている健康保険での治療を行うことが可能になっていますが、歯の詰め物の色が本来の歯の色と違うなど、見た目よりも機能面を重視しているとも言えます。

それに対して審美歯科は、見た目の美しさを専門としている歯科です。
歯のホワイトニングや歯並びの矯正、保険治療では使うことができないセラミックの被せ物をするなど、歯の機能面だけではなく見た目も重視して治療を行う歯科となります。

nanapiサイトが一番おすすめです。

見た目を美しくするための治療のため、美容整形と同じような扱いとされます。

そのため、健康保険を利用して治療を行うことはできず、全額自費で治療を行わなければなりません。厳密には、審美歯科と普通の歯医者を区別するための法律などはありません。



見た目の美しさを求めて治療を行う審美歯科は、歯のエステとも言われることがあります。



人前に出る仕事をしていたり、痛みなどはないけれど、歯の色が少し黒ずんでしまっているのが気になるなど、見た目を改善したい場合には普通の歯医者よりも審美歯科で治療を受ける方が向いているでしょう。