歯科医院では、虫歯やその他の歯の疾患などの治療の他に、歯を今以上に美しく見せる為のホワイトニングをする事が可能です。


ホワイトニングにはいくつかの方法があり、自分の歯の症状と照らし合わせて、どの方法を選択するかを決めて行きます。まずホワイトニングにおいて、最も代表的なものとしてはホームホワイトニングが挙げられます。

NAVERまとめ情報なら、こちらをご参考にしてください。

これはまず始めに、歯科医院にて自分の歯の形状に合わせたマウスピースを作成し、それを装着した状態で歯の漂白を行うといったものです。



割と簡単に出来るところと、漂白をする際に使用する薬剤さえ補充すれば繰り返し歯の漂白が行える為、最も経済的であるとも言えます。この方法では数週間単位での漂白を行い、歯の表面に蓄積された色素に働きかけます。


漂白の持続期間も数年程度とされており、金額も一万円程度から始められます。



次に行われる方法としては、歯石の除去などがあります。

これは歯石自体が黒や黄に変色している場合が多い為、それらを除去する事により単純に歯が白く見えるといったものです。
その他にも、歯石はその表面にも更なる汚れなどを付着させる可能性がある事と、更には歯周病の原因にもなり得る為、歯石を除去する必要性は高いといった理由もあります。
更には歯の表面をクリーニングする方法もあります。

これは歯科医院で使用される専用の器具を使用し、自宅での歯ブラシなどでは落としきれない着色などを落とすといったものです。

この場合にはあくまで歯の検査としての施術であるとして行った場合、保険診療の対象内となる為、数千円程度での金額で行う事が可能です。
まずは歯科医院へ行き、どの方法が自分の歯の状態と照らし合わせて適切かを相談し、決める事が重要であると言えます。